A A

ドクターズインタビュー

茨城県には、高い臨床力、働きやすさ、 病院の枠をこえた仲間たち、そして大きなやりがいを 得ることができる、医療環境がある

筑波大学附属病院
産婦人科
池田 佳織  先生

「ここまでできるようになるんだ!」と感銘を受け、研修病院を決定

初期研修病院を「茨城県立中央病院」に選んだ理由は、一般的な診療科が揃っている地域を支える総合病院であるため、幅広い領域を経験することができ、専攻医研修の選択肢が広がると思ったこと。さらに、病院見学で救急外来を見学したとき、初期研修医の先生方がテキパキと対応している姿をみて、「ここまでできるようになるんだ!」と感銘を受け、ここでならどんな症例にも冷静に対応できる度胸と高い臨床力を獲得できると思ったことが大きな理由です。

研修医でも一医師として大きな戦力であり、早期から実践経験を積むことができる

医師数が多くない茨城県では、研修医であっても一医師として大きな戦力と考えられ、早い段階から診療に携わることができます。実際に、1年目の4月から、さまざまな症例や手技を実践経験することができました。救急外来は、ファーストタッチは全て研修医が行い、自らアセスメントを立て、上の先生にフィードバックをもらいながらの研修をします。自ら考え、判断できる力をしっかり養うことができ、日々の成長を実感できるほど充実したものでした。最終的な判断や治療方針は上の先生が決めるため、余分なプレッシャーを感じることなく安心して医療に臨むことができましたし、研修医であっても戦力として医療に携われる環境は大きなやりがいにもなり、より主体的な研修へとつながりました。

協力的で頼りにしてくれる患者さんが、責任感とモチベーションを高めてくれる

茨城県の患者さんは研修医や若手医師の診療に協力的であり、とても仕事がしやすい環境にあります。また、都市部のように数多の病院が密集している環境でないため、一つの病院に広範囲から患者さんが訪れます。これは幅広い症例を診ることができるというメリットの他にも、患者さんは病院の選択肢が少ないため、研修医であっても頼りにされる医療環境にあり、医師としての大きな責任を自覚しながら、モチベーション高く仕事や研鑽を積むことができます。

大学や病院の枠を超えた横のつながりができる魅力

茨城県では、若手医師のサポート体制も充実しています。その一環として、県内の医学生や研修医が一堂に集まる機会が設けられており、大学や病院の枠を超えた横のつながりができることも大きな魅力です。

自分の出身大学や研修病院という狭い範囲ではなく、他大学出身者や他病院に広く知り合いができることで、それぞれが見学した病院のことや、働いている病院について多くの仲間と情報交換をすることができ、自分に合った研修先や入局先など、進路を決める際の大きな参考材料にすることができます。また、こうした横のつながりは、いずれ診療で困ったことがあれば病院の枠を超えて気軽に相談できる、長い医師人生を通した頼れる仲間となるでしょう。

幅広く経験を積んだことで、進むべき道を決めることができた

私は専攻医研修を産婦人科に決めましたが、産婦人科に進もうと思ったのは、ハイリスク妊産婦に対する高度医療を提供している「水戸済生会病院」で産婦人科研修をした際、緊急のお産を経験したことがきっかけです。専攻医応募期限のギリギリまで循環器内科と迷いましたが、産婦人科を選んだのは手術をしたかったこともありますが、研修中に小さなお子さんのいる若い女性の末期がん患者さんを診た経験から、高齢患者さんが多い科よりも、20代、30代でも卵巣がんや子宮頸がんで亡くなってしまう若い方たちの50年、60年という長い人生を救いたいと強く思ったからです。

進路について専攻医応募期限のギリギリまで真剣に考え、悩むことができたのは、研修医の早い段階から実践による経験によって、いろんな診療科の魅力を知ることができたからこそであり、悩みに悩み抜いて自分自身でしっかり決めた進路だからこそ、私にとって最適な、本当にやりたい診療科を選ぶことができたと感じています。

茨城県には、一人ひとりが主役となり、活躍できるチャンスが豊富にある

茨城県は医師少数県であり、産婦人科でいえば腹腔鏡手術ができる病院が少ないなど、医療資源が充分ではない状況にあります。これらはネガティブなことかもしれませんが、逆にこうした状況は一人ひとりが活躍できるチャンスが豊富にあるということであり、研鑽を積む若手医師にとって非常に大きなメリットであると思っています。

私自身、腹腔鏡手術に興味があり、セミナー参加など出来る限り参加していきたいと思っています。また、茨城出身の方が安心して地元に戻って里帰り出産ができるような環境づくりに少しでも貢献したいですし、これからの医療を支える医学生や私たち若い医師たちによって、高い医療水準を誇る茨城県をつくっていけたらと思っています。