A A

お知らせ 詳細

 跡見 裕 先生に「いばらき医療大使」を委嘱しました(12月5日掲載)

跡見 裕氏への「いばらき医療大使」の委嘱について

 この度、『茨城県医師不足緊急対策行動宣言』の政策パッケージに掲げた「いばらき医療大使」の委嘱を行いましたので、お知らせします。
 「いばらき医療大使」には国内外の医科大学等との関係構築をはじめ、様々な機会を通じて、茨城県の医師確保にご尽力をいただきたいと考えております。
 今後も、本県にゆかりのある著名な医療関係者の方々とのネットワークを構築し、医師確保にご協力をいただける大使の委嘱を随時行っていく予定です。

委嘱状交付式

☆日時:平成30年12月5日(水曜日)14時30分~14時45分
☆場所:茨城県庁知事応接室   
☆いばらき医療大使を委嘱する方:跡見 裕(あとみ ゆたか)氏(杏林大学 名誉学長,74歳)
☆本県との関わり:杏林大学学長として,平成22年度からの茨城県地域枠の設置にご尽力いただいた。


(写真左:跡見先生,右:大井川知事)

いばらき医療大使の紹介

NO. 氏名 主な経歴 委嘱日
1 岩尾 總一郎(いわお そういちろう) (一財)ハンガリー医科大学事務局 理事 H30.8.3
2 丹正 勝久(たんじょう かつひさ) 元 日本大学医学部附属板橋病院 病院長 H30.8.3
3 跡見 裕(あとみ ゆたか) 杏林大学 名誉学長 H30.12.5

参考:いばらき医療大使の概要

 国内外で活躍され、豊富な人脈を持つ茨城県にゆかりのある著名な医療関係者の方々を「いばらき医療大使」として委嘱。本県の医療を取り巻く状況や地域医療の充実を図るための取組み等を情報発信していただくとともに、本県で就業を希望する医師を紹介していただき、県外在住医師の県内での就業につなげる。
(今年度創設。跡見氏への委嘱で3人目。)